VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

やっぱり今日もひきこもる私

やっぱり今日もひきこもる私(373)「精神疾患ではないが働く気になれない ~ 中年ひきこもりの焦りと絶望」への反響

社会的名声のある親、ルッキズム、耳を傾けない精神医療……。昼行灯さんの記事に国内外から反響が押し寄せる。

やっぱり今日もひきこもる私(372)親の名声が子をひきこもらせる?

ひきこもっている子どもの親が、住んでいる地域で人々に尊敬される名士であるというパターンは、ひきこもり家庭の一つの類型である。

やっぱり今日もひきこもる私(371)ひきこもりは挫折で失敗なのか? ~ KHJ記者会見「ひきこもりからの立ち直り」を考える

死ぬという選択肢を排して、この世に留まるにはどうしたらよいかと無意識に考えに考えた結果、 「そうだ。とりあえずひきこもっていよう」 という素晴らしいアイデアを思いつき、それを実現している姿が「ひきこもり」。

やっぱり今日もひきこもる私(370)第10回「ひきこもり親子公開対論」『ひきこもりとゲーム依存』を終えて

親は子に何を求めているのか。 子はゲームに何を求めているのか。

やっぱり今日もひきこもる私(369)本日の「公開対論」参加ハードルが上がった理由

「本日開催の親子対論、ちょっと参加へのハードルが上がったんじゃないの?」 はい、そうです。ご説明します。

やっぱり今日もひきこもる私(368)明後日、第10回「ひきこもり親子公開対論」横浜篇オンライン開催 ~ひきこもりとゲーム依存~

なぜひきこもってゲームばかりしてしまうのか。 そのことを親はどう考え、子はどう思っているのか。

外国のうつ・ひきこもり事情(157)ひきこもったことを後悔している?

しているともいえるし、していないともいえる。矛盾した表現が両方とも同時に成り立つのが、後悔という不思議な概念にまつわる特徴である。

やっぱり今日もひきこもる私(367)オリンピック選手は有為で、ひきこもりは無為なのか。

オリンピック選手のように国際舞台で活躍するような人生だけに「価値」があって、そうではない人生は「無為」なのだろうか。

やっぱり今日もひきこもる私(366)庵-IORI- 「何をやればいいかわからないからひきこもった人いる」テーブル開催のご報告

海の向こうから庵-IORI- に参加してきたのは…

やっぱり今日もひきこもる私(365)「働けない」のではなく「働く気になれない」

やるべきことはたくさんある。 でも、何をやればいいかわからない。選ばなければ仕事はある。 だけど働けない。

やっぱり今日もひきこもる私(364)視線から感染する病気?~「目で殺す」

患者と目を合わせただけで伝染すると考えられた病気はほんとうに存在した。

やっぱり今日もひきこもる私(363)庵-IORI- テーブル「何をやればいいかわからないからひきこもった人いる?」開催のお知らせ

多数のご参加お待ちしています。

やっぱり今日もひきこもる私(362)明日「ひ老会」をリアル開催します。

緊急事態宣言が解除されて……

やっぱり今日もひきこもる私(361)オンライン講演者の孤独と不安

客席の反応が見えないと、こんなにも調子が狂うものか。……

やっぱり今日もひきこもる私(360)本日、横浜ばらの会で講演させていただきます。

昨年3月に企画された講演会がコロナで一年延期。しかし一年経ってもコロナは終息せず...

やっぱり今日もひきこもる私(359)「あれをやれ、これをやれ」と言われる状態は安心か

言われたことだけこなしていれば存在が承認されるというのなら、さっさと働け、企業戦士になれ、兵隊になれ、と言われてしまうだろう。

やっぱり今日もひきこもる私(358)続・何をやってよいかわからないからひきこもったのか

「自分はなぜひきこもったのか」を振り返る切実な声の数々。

やっぱり今日もひきこもる私(357)「東京力×無限大」フォーラムを終えて

「地域で支えるひきこもり」シンポジウムがようやく終了。

やっぱり今日もひきこもる私(356)オンラインのみに変更されたシンポジウム

リアル会場がオンラインに変更になることにより、登壇者にとって変わるもの。姿勢。

やっぱり今日もひきこもる私(355)「地域の人」はこわい存在である

ひきこもりでない人だって近所はこわいはずだ。

やっぱり今日もひきこもる私(354)続々・カルフーン実験が物語るもの ~体制化・モノアミン・対象の不喪失~

トラウマのないネズミをひきこもりにするものは何か。

やっぱり今日もひきこもる私(353)東京都社会福祉協議会「地域福祉フォーラム」のお知らせ

「ひきこもりと地域福祉」という難しいテーマについて発言しなければならない。

やっぱり今日もひきこもる私(352)メッセージくださった皆さまへ御礼申し上げます。

みなさん、どうもありがとうございました。

やっぱり今日もひきこもる私(351)先週のネット炎上事件のご報告

事実でないことが事実として大量に拡散されるまで

やっぱり今日もひきこもる私(350)続・カルフーン実験が物語るもの ~「ひきこもりの原因」再考

恵まれた環境で育てられたネズミがひきこもりになった実験から、私たちは何を導き出せるか。

やっぱり今日もひきこもる私(349)拙著『世界のひきこもり』をHonzで2名の選者に選んでいただきました。

「この本を読んで、ひきこもりに対する見方が変わった」と言っていただけるのはうれしい。

やっぱり今日もひきこもる私(348)庵-IORI- 「ひきこもりは地域に支えられたいのか」テーブルのご報告

行政がひきこもり支援を主導すると、どうしても地域で解決する思考になってしまう。そこで・・・

やっぱり今日もひきこもる私(347)本日「ひ老会」をリアル開催します。

明日は庵-IORI- 「ひきこもりは地域に支えられたいのか」

やっぱり今日もひきこもる私(346)カルフーン実験が物語るもの

食うのに困らないネズミがひきこもりになった実験結果から、私たちは何を読み取るのか。

やっぱり今日もひきこもる私(345)ひきこもりは地域に支えられたいのか

「地域で支えるひきこもり」というスローガンは支援者の都合で推進されているものではないのか。

All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020