VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

処方薬をのみたくない私

処方薬をのみたくない私(23)

「処方薬をのみたくない私(22)」からのつづき・・・ リッチー 塞翁先生も言ってました。 「処方薬はいったんのんだら終わりだよね」って。 そういうことをJ.I.さんにも言ったでしょ。 J.I. 2003年ごろ、塞翁先生は 「SSRIをのまないと治らないよ」 と患者…

処方薬をのみたくない私(22)

「処方薬をのみたくない私(21)」からのつづき・・・ リッチー (映像を収録している今)向精神薬をのまなくなって 1年5か月ですけれども、 まったく症状はないです。 クリニックへ行くのは、楽しみがあってのこと。 人間のなかの情念を感じる場所なので、 …

処方薬をのみたくない私(21)向精神薬との正しいつきあい方

「処方薬をのみたくない私(20)」からのつづき・・・ リッチー 向精神薬をいきなりやめた、っていう人が多くて。 いきなりやめたら、そりゃあつらいですよ。 離脱症状も起こるし。 処方薬依存に関するネットの情報が、 ちょっと加熱しすぎているところもあ…

処方薬をのみたくない私(20)教団幹部の暴走

「処方薬をのみたくない私(19)」からのつづき・・・ J.I. 宗教団体によくあることですけど、 オウム真理教なんか良い例だったんだけど、 教祖さまが思ってないようなことでも 周囲にいる教団幹部が先取りして暴走しちゃって 勝手に過激なことやっちゃうこ…

処方薬をのみたくない私(19)インターネットという他者

「処方薬をのみたくない私(18)」からのつづき・・・ J.I. たとえばブログで記事を書くという行為は、 インターネットという壁に向かって話すようなものじゃないか と考える人がいるかもしれないけど、 じつはそこで他者の存在が力になっている。 自分のノ…

処方薬をのみたくない私(18)感情を言葉にする

「処方薬をのみたくない私(17)」からのつづき・・・ リッチー (ぼそっとプロジェクトでもやっている) 「感情を言葉にする」 というのが大切だと思っていて、 でも、それが治療や回復につながるって どんなふうに考えてますか。 J.I. まず、「心」って何…

処方薬をのみたくない私(17)患者主体の精神医療を

「処方薬をのみたくない私(16)」からのつづき・・・ リッチー 精神医療のイニシアティブを 治療者でなく患者が持つ、ということが 大事だと思っているんですよ。 J.I. 賛成です。 治療者主体の精神医療に なってしまっている現状があると思います。 他科領…

処方薬をのみたくない私(16)企業ストレスチェックの実態

「処方薬をのみたくない私(15)」からのつづき・・・ リッチー ストレスチェックが法制化されたことで、 それが一つの産業になってしまっています。 精神科医などをたくさんかかえこんで、 「ストレスチェックを請け負います。任せてください」 という精神…

処方薬をのみたくない私(15)休職制度の真実

「処方薬をのみたくない私(14)」からのつづき・・・ リッチー 2年前から休職しています。 会社からは、 「二度と戻ってくるな。このまま辞めろ」 と言われてます。 もちろん、表向きは 「わかりました。それではステップを踏んで いろいろな人と話をしてく…

処方薬をのみたくない私(14)ストレスチェック現場の真実

「処方薬をのみたくない私(13)」からのつづき・・・ リッチー 昨年(2015年)12月に、 企業に対して国が ストレスチェックを法令で義務づけました(*1)。 *1.改正労働安全衛生法 平成27年12月1日 施行 厚生労働省 ストレスチェック プログラム ダウンロード…

処方薬をのみたくない私(13)

「処方薬をのみたくない私(12)」からのつづき・・・ リッチー そのときの職場は女性が多かったのです。 女性の70%以上は派遣さんでした。 それは、まるでやわらかいイジメの状態でした。 私は会社へ行きたくなくなって、 朝から酒を飲むようになりました。…

処方薬をのみたくない私(12)

「処方薬をのみたくない私(11)」からのつづき・・・ リッチー それで断薬しようと思いまして、 処方薬の常用量依存から脱却するための病院に 入院したのでした。…… ……。 ……。 ・・・「処方薬をのみたくない私(13)」へつづく

処方薬をのみたくない私(11)

「処方薬をのみたくない私(10)」からのつづき・・・ リッチー 日本は抗不安薬ベンゾジアゼピンの消費が 世界一の国なのです。 ……。 ……。 ・・・「処方薬をのみたくない私(12)」へつづく

処方薬をのみたくない私(10)

「処方薬をのみたくない私(9)」からのつづき・・・ リッチー ほとんどの駅前にある心療内科系クリニックは 薬を出して3分間診療。 まあ、テナントの賃料が高いから それなりにお客(患者)の回転を良くしなくては いけないのかもしれませんが、 患者の立場…

処方薬をのみたくない私(9)

「処方薬をのみたくない私(8)」からのつづき・・・ リッチー 処方薬は、誰に何を出したかという情報が データベース化されていないので、 患者がその気になれば、あちこちの医療機関から 適量を超えて、出してもらえてしまうところが 問題の一角なのです。…

処方薬をのみたくない私(8)

「処方薬をのみたくない私(7)」からのつづき・・・ リッチー なぜ診断結果が統一されないんでしょうね。 病院Aにかかったら「うつ病」と診断され、 病院Bにかかったら「統合失調症」、 病院Cでは「パニック障害」、 病院Dでは「ナントカ性人格障害」と診断…

処方薬をのみたくない私(7)

「処方薬をのみたくない私(6)」からのつづき・・・ J.I. そうやってパニック障害が起こるようになって、 精神安定剤(抗不安薬)をのむようになった、と。 それで、どんどん量が増えていったのですか。 リッチー いいえ、処方量内どおりでした。 朝昼晩、1…

処方薬をのみたくない私(6)

「処方薬をのみたくない私(5)」からのつづき・・・ リッチー 会社の寮で、4人一部屋だったんですが、 なぜかぼくは、 ルームメイトの3人がみんな寝てからでないと 寝られなかったんですよ。 最後に寝る奴が、 いつも2時半に寝るんですけども、 一服セブン…

処方薬をのみたくない私(5)

「処方薬をのみたくない私(4)」からのつづき・・・ リッチー いつもビクビクして用心深い自分の人格が ほんとうにいやで、いやで、 生きづらいんですけど… なんでこんな人になっちゃったのかな、 って、いつも思うんですけど… 他人の心だったり、災害だっ…

処方薬をのみたくない私(4)

「処方薬をのみたくない私(3)」からのつづき・・・ リッチー 3年前の大晦日、紅白歌合戦を見ながら、 「親父。おれ、すごい生きづらくて、 精神科に通ってるんだけど、 昔、こういうことあっただろう」 と聞いたんですよ。 父は、「そんなことはなかった…

処方薬をのみたくない私(番外篇)魔法の薬

by J.I. このたび、究極の向精神薬、魔法の薬 ヤリナオセールが開発されました。 いままで何度も「魔法の薬が開発された」として ベンゾジアゼピンやら、SSRIやら、SNRIやら、 さまざまな抗うつ剤、抗不安剤が開発されてきましたが、 いずれも劇的で長期的な…

処方薬をのみたくない私(3)

「処方薬をのみたくない私(2)」からのつづき・・・ J.I. 私がいまの医療機関に通い始めた時は まだ30代だったのですけれども、 そのとき、50代の患者仲間を見て、 「この人たち、いい齢をして、まだ 親がどうの、虐待がどうの、なんてことを言ってるよ。 …

処方薬をのみたくない私(2)

「処方薬をのみたくない私(1)」からのつづき・・・ リッチー ほんとうに落ち着いていられなくて、 心臓はバクバク、走り出したくなっちゃう、 「この世の終わりだ」 不安と恐怖、 「誰か助けて」 自分が自分でコントロールできなくなっちゃう…… それがパニ…

処方薬をのみたくない私(1)

今日から始まる新シリーズです。 J.I. 精神科に通っている患者のなかで 「わたしは薬が大好きで、いっぱい薬のみたいです」 という人はそんなにいない。 いっぽうでは、 「積極的に薬をのみたくない」 という人もそれほど多くないですよね。 リッチー そうで…

All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020