VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

当事者活動を考える

当事者活動を考える(50)「イネイブラー型支援者」へのコメントより

歴史を見れば女性が男性よりも虐げられてきた面もあるが、男性が女性から虐げられてきた面もある。虐げられ方に違いがあるだけ。 多様性を叫ぶ者たちが多様性を封殺する。

当事者活動を考える(49)続・イネイブラー型支援者 ~ 女性を無能な弱者にしたがる男性フェミニストたち

被害の捏造や事実の歪曲までして「女性をモノ化するな」と叫ぶ男性たちこそが「女性をモノ化」している。

当事者活動を考える(48)イネイブラー型支援者たちの共依存を考える

当事者・被支援者を無力にする支援者は、自分の支援の結果、当事者が社会復帰をしてほしいのであって、当事者が自分の力で立てるようになること自体は望んでいない。

当事者活動を考える(47)当事者ではなく専門家のために「守秘義務」を設けるシンポジウム

「中で語られたことを公にしてはいけない」 と守秘義務を課すシンポジウムやフォーラムは、当事者をダシにして専門家を保護する機能しか果たしていない。

当事者活動を考える(46)「かわいそうで包摂すべき当事者」を求める支援者の病理

対象者がかわいそうでなくては支援者としてもやりがいがない。それで対象者をかわいそうな人にする。

当事者活動を考える(45)ひきこもり「症候群」化と反「暴力的支援団体」運動と「支援市場」の不気味なつながり

「暴力的支援団体、反対!」の声をあげていたのに、ひきこもりの「症候群」化には賛成するという人たちは、いったい何なんだ。

治療者と患者(351)ひきこもり「症候群」改称と支援の「医療化」の行き先

ひきこもりが「症候群」となり、支援が医療化されると、その先にあるものは何か。 麻布村の通院性デイナイトケアをふりかえる。

やっぱり今日もひきこもる私(439)"専門家"によるひきこもりの表現変更「社会的距離症候群(SDS)」の問題点

ひきこもりの名称が「社会的距離症候群」になる? 怪しい専門家の登場か。

やっぱり今日もひきこもる私(410)人を殺したいと思うことは個人の尊厳を貶めているか

「ひきこもりでも恋愛がしたい、セックスもしてみたい」 という投げかけの貴重さ。

やっぱり今日もひきこもる私(405)小山田圭吾事件と2月のネット暴力事件

「やっぱり今日もひきこもる私(403)「小山田圭吾」は私たちのまわりにたくさんいる。」にたくさんコメントいただきました。なかでも目玉は、あの場にいた人の証言です。

やっぱり今日もひきこもる私(403)「小山田圭吾」は私たちのまわりにたくさんいる。

いじめが始まると、「自分の頭でよく考えない人」が群衆心理によって加害者に加わるから、加害者側の人数は増えていく。 かたや「自分の頭でよく考える人」は加害者側に加わらないかわりに、被害者側にも加わらないから、被害者側の人数は増えない。 「自分…

やっぱり今日もひきこもる私(391)第2回VOSOTオンライン対話会「私たちは何に追い詰められているのか」のお知らせ

ご好評いただいた第1回を受けて、7月31日に第2回オンライン対話会を開催いたします。

当事者活動を考える(44)ひきこもりに主体を持たせたくない専門家

ひきこもり専門家・支援者の中にはかなりの割合で、ひきこもり当事者がみな非主体的で、可哀想で、恵まれない存在であってほしいと心の底で願っている人がいる。なぜならば、その方が支援者の仕事がそこに在るからだ。

当事者活動を考える(43)いじめ・差別を生みだすのは「異質性」より「同質性」

2月のネット暴力事件の原因は嫉妬であったが、その嫉妬が同質性から来ていたと考えられる。

当事者活動を考える(42)聞いてて歯がゆい!疑問点満載の横浜「引き出し屋」裁判

「引き出し屋」自立支援団体に入所していた30代男性らが原告となって、横浜地裁で事業者を相手どった裁判が進行中なのだが、わからないことが多い。

当事者活動を考える(41)ひきこもりへの帰属・ひきこもりからの疎外

「ひきこもり」という、多様な当事者を一括りにしている語が使えないようになると、はたしてアイデンティティや発言権や居場所を失うのか。

当事者活動を考える(40)「主婦ひきこもり」への違和感を考える

NHK「あさイチ」で女性のひきこもりについて特集された。主婦のひきこもりが多いという。そういうひきこもりの存在に対して違和感を持つ、別のひきこもり当事者は少なくない。その違和感を解析してみた。

当事者活動を考える(39)ひきこもりのテレビ出演で噴出する、ひきこもり当事者間の「隔絶」問題

NHKひきこもり祭で、当のひきこもりたちの間ではどのような反応が起こっているか。

三島由紀夫を読み返す(31)他人の救済

ちょうど50年前の今日を想い、3年半ぶりにシリーズの復活。

やっぱり今日もひきこもる私(302)そもそも「暴力的支援団体」の何が問題なのか

暴力的支援団体を支持するひきこもり元当事者との対話

やっぱり今日もひきこもる私(298)悪の表徴としての「暴力的支援団体」

ひきこもり界隈の暗黙の不文律。

やっぱり今日もひきこもる私(297)ひきこもり界隈で記号化していく3つの「悪」

ひきこもり界隈では「自己責任」「優生思想」「暴力的支援団体」の3つが悪の表徴と化してきている。

やっぱり今日もひきこもる私(296)助けられたいひきこもりはどこにいる

ひきこもりを「助けたい」という人は跡を絶たないが、そういう人に「助けられたい」というひきこもりは、いったいどこにいるのだろうか。

やっぱり今日もひきこもる私(293)安楽死と当事者性と自己責任

京都ALS嘱託殺人事件は、ひきこもり界隈にも関係の深い「当事者性」「自己責任」などのホットな概念をたくさん内包している。

やっぱり今日もひきこもる私(292)当事者同士の他者性

京都の事件で亡くなった当事者と、同じ難病を持つ人として舩後参院議員の当事者性は絶対的なものだろうか。

当事者活動を考える(38)居場所オンライン化で格差拡大か

兵庫県がひきこもり居場所を「電子化」。 これは格差拡大につながる。

海外ひきこもりだった私(27)支援者は支援の対象を「語る」ことしかできない

なぜ「語る会」という名称であったのか。それは、支援というものの本質を向こう側に突き抜けるまで考えた、一つの結論ではなかったか。

スパゲッティの惨劇(70)「最も個人的なことは、最もクリエイティブなこと」

いかに自分は周囲とちがうかを語ることが当事者発信の原点。それを美しく表現した言葉がある。

やっぱり今日もひきこもる私(220)「社会にひきこもらされている」は本当か。

自分は社会に「ひきこもらされている」のではない。自分の意思で「ひきこもっている」のだ。

当事者活動を考える(37)「暴力的支援団体を考える会」に行ってきた

新東名高速道路での事故から、ふたたび暴力的支援団体の問題が取り沙汰されるようになってきた。

All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020