VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

父から逃げられない私

治療者と患者(316)プロ、プロと連呼する患者

「治療者と患者(313)」が現存する本シリーズ直前記事にあたる。 #齊藤學被害 #精神医療被害 #精神療法被害 by ぼそっと池井多 Yahoo!ブログからはてなブログへ引っ越して、一か月以上もの間、まるで気づかなかったが、やっぱり引っ越しのトラックから消…

父から逃げられない私(75)去勢論

「父から逃げられない私(74)」からのつづき・・・ 流全次郎 「去勢」とは、 女を抱く力をそぎ落とすこと。 父親は、 オレが女を抱くことを許さないように オレを去勢した。 たとえば、稼ぐ力をそぎ落とすとか。 ……。 ……。 ・・・「父から逃げられない私(7…

父から逃げられない私(74)自信さえ持てばいいのか

「父から逃げられない私(73)精神科医になりたかったオレ」からのつづき・・・ 流全次郎 オレに欠けていたものは 能力以前に「自信」だったのではないのかな、 と思うのよ。 ぼそっと池井多 じゃあ、あなたにとって 人生問題の解決はかんたんで、 「自信」…

父から逃げられない私(73)精神科医になりたかったオレ

「父から逃げられない私(72)」からのつづき・・・ ぼそっと池井多 ナガレさんが高校を出た後に 「精神科医になりたい」と思ったとおっしゃる。 なぜ、また「精神科医になりたい」などと思ったのですか。 流全次郎 高校では、将来の職業を何やろうかとは 考…

父から逃げられない私(72)私は親のようにならない

「父から逃げられない私(71)」からのつづき・・・ ぼそっと池井多 ナガレさんがあこがれてやまない サトウアイコさんという女性が、 「わたし、お母さんみたいになりたいの」 と言った、という話は、 私たちACというものを語るのに 重要な分岐点でもありま…

父から逃げられない私(71)「好きです」と「愛してます」

「父から逃げられない私(70)」からのつづき・・・ ぼそっと池井多 前回、ナガレさんから、 こういうお話がありました。 ナガレさんが精神科につながってから、 医療機関で会った女性に、 「好きです」「愛してます」 とは言わず、 「会ったときから『きれ…

父から逃げられない私(70)心至上主義

「父から逃げられない私(69)」からのつづき・・・ ぼそっと池井多 ナガレさんのお話をうかがっていて、 私が「顔面至上主義」という語にまとめたところが、 「そうじゃないんだ。 オレが唱えているのは心至上主義なんだ」 ということで異議を唱えておられ…

父から逃げられない私(69)

「父から逃げられない私(68)」からのつづき・・・ 2016年7月収録 流全次郎 「同じ少女を愛した私たち」(*1)をやっていて、 いくつか発見がありました。 *1.「同じ少女を愛した私たち(1)」 https://blogs.yahoo.co.jp/vosot_just/65378615.html 発見の一…

父から逃げられない私(68)存在を賭けた近親姦

「父から逃げられない私(67)」からのつづき・・・ 流全次郎 近親姦の問題に話をもどすと、 娘が主体をもって精神科へ駆け込まないかぎり、 外部は何もするべきではないということだろうか。 ぼそっと池井多 そこは私は保留する。 そこだけで境界線が引ける…

父から逃げられない私(67)虐待されたと認識する患者の主体

「父から逃げられない私(66)」からのつづき・・・ ナガレ そう考えてくると、そのう 児童虐待の被害者を、被害者として扱うことも よくないこと、って考えられちゃうけど。 ぼそっと池井多 そこまで論点を広げていただけるとなると、 たいへんありがたいで…

父から逃げられない私(66)近親姦性虐待と実存・ジャン・ジュネとの比較

「父から逃げられない私(65)」からのつづき・・・ ぼそっと池井多 私たちの患者村の 近親姦優越主義というものを語るときに、 私は毎回、まず申し上げるのは、 私は女性たちが遭った近親姦被害を否定するわけでも なんでもない、ということです。 フロイト…

父から逃げられない私(65)完全な洗脳は、洗脳の罪にもならないか

「父から逃げられない私(64)」からのつづき・・・ ぼそっと池井多 たとえばナガレさんが、そういうふうに 父親から学歴主義の教育を受けて、 こういうふうに大きくなってしまった、 という現実がある。 大人になってから、 自分のほんとうの主体にめざめ、…

父から逃げられない私(64)洗脳されたとすら気づかない重度の洗脳(続・マヨルカ島の風)

「父から逃げられない私(63)」からのつづき・・・ 2016年5月収録 ぼそっと池井多 近親姦カップルの事例を 取り上げたことがあります。(*1) *1.「マヨルカ島の風~快感と主体」 https://blogs.yahoo.co.jp/vosot_just/65303286.html 日本でも、じつはいらっ…

父から逃げられない私(63)生き方のイロハ

「父から逃げられない私(62)」からのつづき・・・ 2016年5月 収録 ぼそっと池井多 塞翁先生に習いたいって、 いったい何を習いたいのですか。 ナガレ まあ、生き方のイロハっていうか。 ぼそっと ほう。 ナガレ 具体的な何かではなくて。 ぼそっと いまナ…

父から逃げられない私(62)治療者から「雇ってやる」といわれても

「父から逃げられない私(61)」からのつづき・・・ 2016年5月収録 ナガレ 治療者と、 「精神科医と患者以上の関係になりたいな」 と思っている人が、 あの世界、さいおうクリニックでは散見されるわけよ。 われわれの属している治療共同体、ザストでは、ね…

父から逃げられない私(61)治療関係を断ち切るとは何を意味するか

「父から逃げられない私(60)」からのつづき・・・ 2016年5月収録 ( )内補筆 ナガレ おれは年に60万も払ってない。 塞翁先生と接触する時間も、すごく短い。 しかしじつは、 内心ではコミュニケーションが取れているんだ、と。 そういう意味では、 おれは…

父から逃げられない私(60)自分は隠れた上級患者

「父から逃げられない私(59)」からのつづき・・・ 2016年5月収録 ナガレ もしかしたら塞翁先生は、 「ナガレ。これはおれの本心ではないんだ。 お前だったらわかるよな」 と内心で思っておられたのではないかと思う。 「今度の診察のときにじっくり話そう…

父から逃げられない私(59)治療関係という人質

「父から逃げられない私(58)」からのつづき・・・ 2016年5月収録 ぼそっと池井多 塞翁先生の近年の路線というものは、 かねてからあった女性患者への偏重が、 ますます先鋭的になって、 近親姦優越主義につながっていきました。 精神医学の対象である患者…

父から逃げられない私(58)治療者のエロス

「父から逃げられない私(57)」からのつづき・・・ ナガレ 塞翁先生も、もう70代後半。 さすがに塞翁先生に性的魅力を感じる女性患者も 減っているのではないか。 ぼそっと池井多 そこで、性的魅力とは何か、ですよ。 ナガレ ほう。 ぼそっと sexual と ero…

父から逃げられない私(57)批評眼を持った患者

「父から逃げられない私(56)」からのつづき・・・ 2016年6月収録 ナガレ 塞翁先生もひたすら、なんていうか (自分が)俗人であることを強調されるのよ、患者の前で。 ぼそっと池井多 そのとおりです。 ナガレ あれは、自分が教祖化されまいとやっておられ…

父から逃げられない私(56)塞翁療法の患者心理

「父から逃げられない私(55)」からのつづき・・・ 映像は2016年5月収録 ナガレ あのクリニックでは、 塞翁先生に好かれたい、というか、可愛がってもらいたい と思っている人たちが、 かなりの割合で居て……、 自分がそうではないとは言わないけども。 ぼそ…

父から逃げられない私(55)反論のなくなった塞翁ミーティング

「父から逃げられない私(54)」からのつづき・・・ ぼそっと池井多 やっぱりさいおうクリニックには 「塞翁先生のためなら、私はデクノボウでも客体でも なんでも成ります。 先生の自己実現のために好きなように 私の人生を使ってください」 という患者さん…

父から逃げられない私(54+)自ら拠って立つ地点を持つ

「父から逃げられない私(54)」からのつづき・・・ editted by ぼそっと池井多 編集者による改行・編集あり。 迷えるオッサン: 「ぼそっとプロジェクトは流さんが主体」 ということは私も感じていますが、 同時にぼそっとさんは 「流さんは塞翁教祖の信仰…

父から逃げられない私(54)治療者-患者とデクノボウ

「父から逃げられない私(53)」からのつづき・・・ 2016年4月30日収録 ナガレ 塞翁先生としたら、あんまり守備範囲を広げたら しんどいんじゃないかな。 ぼそっと池井多 それはわかる。あの御年だしね。 でも、じゃあ、塞翁先生の顔を立てるために 私は自分…

父から逃げられない私(53)同窓生に見られたら

「父から逃げられない私(52)」からのつづき・・・ 映像は2016年4月30日収録 ぼそっと池井多 あなたは先日、私に尋ねた。 「こんなふうに顔をさらして、こんなプロジェクトやっていて もし同窓生に見られたらどうするの」 と。 私はあなたの質問の意図がわ…

父から逃げられない私(52)

「父から逃げられない私(51)」からのつづき・・・ ぼそっと池井多 今後、ナガレさんは 痴陶人さんと実人物同士として 第二の再会を果たすかもしれませんけど、 いまのナガレさんの心境として 「こわい」だとか 「期待する」だとか 「わくわく」「どきどき…

父から逃げられない私(51)大学名にこだわるという病い

「父から逃げられない私(50+)」からのつづき・・・ ぼそっと なんかナガレさんの問題意識って、 どこの大学へ行ったとか、行かないとか、 具体的な大学名がものすごく比重を占めてますよね。 ナガレ 占めちゃうね、やっぱり。 さいおうクリニックの患者村…

父から逃げられない私(50+)けっして認めない親

「父から逃げられない私(50)」からのつづき・・・ editted by J.I. 俺の父親が、学歴社会の勝者だと認めていたのは、 東大法学部を卒業した財務省の官僚 東大法学部を卒業した裁判官 東大医学部を卒業した医者 の3種類だけだった。 それ以外の人間のこと…

父から逃げられない私(50)同窓生と再会して

「父から逃げられない私(49+)」からのつづき・・・ 2016年3月収録 J.I. それでナガレさんとしては、 痴陶人さんとブログ上で再会して、 どうでしたか。 ナガレ 一つだけ「まずい!」と思ったのは…… ……。 ……。 ・・・「父から逃げられない私(50+)」へつ…

父から逃げられない私(49+)続 同窓会への恐怖・負け組からの発信

「父から逃げられない私(49)」からのつづき・・・ editted by J.I.(ぼそっと池井多) 痴陶人: 私はよく、 泥だらけの作業着や全裸で同窓会に出席する悪夢を見ます。 特に、このブログでナガレと出会ってから その頻度が増したような気がします。 分かり…

All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020