VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

音楽に掘り起こされる私

音楽に掘り起こされる私(6)チャイコフスキー 交響曲第6番 ロ短調「悲愴」op.74

チャイコフスキーも鬱病の持病があり、生涯で12回の鬱に落ちているが、この交響曲「悲愴」の最終楽章は、まるで鬱の谷に深く落ちていくような終わり方をしている。

音楽に掘り起こされる私(5)中島みゆき「狼になりたい」

「向かいの席のおやじ 独りぼっちで見苦しいね」という若者たち。

音楽に掘り起こされる私(4)大胆に踏みはずしていくベートーベン弦楽四重奏曲第14番 Op.131

極上の酒をもらったら、平日の晩酌で開けちまったらもったいないじゃないか。正月まで神棚にあげて取っておこうぜ、などと言ってるあいだに自分で飲んじまったよ。

音楽に掘り起こされる私(3)ディープ・パープル「Highway Star」~「私の家政夫ナギサさん」の隠れたテーマ曲

40年前の記憶と現代の「働く女子」。

音楽に掘り起こされる私(2)マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」

年末年始に地上波で 久しぶりに『ゴッドファーザー Part III』を見た。 貧困層の私のテレビには、 衛星放送やケーブルテレビは入らないので、 見られるのは地上波だけである。 きっとBSでは、 こんな作品はしょっちゅう再放送しているのだろう。 この映画が…

音楽に掘り起こされる私(1)ショスタコーヴィチ交響曲第7番「レニングラード」

本ブログに 「言葉に掘り起こされる私」というシリーズがあるので、 それの音楽版を、と思い、 このシリーズを始めることにする。 私が日々、生きながらえているのは 数々の言葉だけでなく、音楽のおかげであることも 否めないからである。 とくに毎年、寒く…

All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020