VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

治療者と患者(229)続・すべては治療関係から生じた被害である

治療者と患者(228) 」からのつづき・・・

by 流全次郎 × ぼそっと池井多
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

そんな商売が成り立つと思って、塞翁先生 父娘 は、リカモリ制度を始めたのでしょう。
しかし、患者たちは、彼らが考えているほど馬鹿ではなかったということだと思います。

そんな商売が成り立つと思うほど、塞翁 医師 は馬鹿ではないと思います。

あなたは、本気で、そう思っておられるのですか?  


判断するにあたって行使する私の主観も、私にとっては、当然、信用できるものです。

あなた以外の人間にとっては、当然、信用できないものです。 

もし、あなたのおっしゃるように、
私が、塞翁先生の患者ではなく、単なる部下だったと仮定したら、

患者でもあり、部下でもあったのではありませんか?  

あなたは、阿坐部村で、さんざん、セクハラまがいのことを女性患者たちにしています。
『 まがい 』、ではなく、一歩、社会へ出たら、立派に、セクハラとして立件されることばかりです。
その一つ一つを、ここで挙げ、あなたを、社会的に貶めるのが、目的ではないので、今、ここでは述べませんが、現にしています。

ぜひ、今、ここで述べてください。  

もし、あなたが、あなたの言うように、何をされても、

『 素直に応じるだけです。腹も立ちません。
単なる作業療法ですから。』

と言う背景には、あなたが、塞翁先生に洗脳され、去勢され、主体を抜き取られている、ということがあると思います。

作業療法だから腹が立たない 』
という因果関係は、普通は成り立たないはずです。

はい。
私は、さいおうクリニックの女性の患者たちに
嫌われてもしかたないと自覚しています。  


上司と部下との関係は、給与などの報酬を貰って成立します。

金銭の授受を伴わない上司 • 部下の関係は、あります
( 例えば、学校のクラブ活動 )。  

 
ありふれた病気である強迫を何年かかっても塞翁先生が治せないという事実 

強迫性障害の治療法が確立されたのですか?  

[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/6(土) 午後 8:27 
 
ぼそっと池井多 
流(ナガレ) 全次郎さま コメントをありがとうございます。

あなたは、本気で、そう思っておられるのですか?

もちろん私は本気で、
多くの患者たちは彼ら(塞翁父娘)が考えていたほど
馬鹿ではなかった、
と考えています。



あなた以外の人間にとっては、当然、信用できないものです。

私が発言するに際しては、
私が私の主観を信用できれば必要十分です。



患者でもあり、部下でもあったのではありませんか? 

あなたは上の記事本文(*1)を読みましたか。


記事中に書いたことをまとめますと、
あなたの目に上司-部下と見えた
塞翁先生と私の関係の本態は、
治療者-患者にすぎなかった

ということです。

金銭の授受を伴わない上司 • 部下の関係は、あります
( 例えば、学校のクラブ活動 )。


だ・か・らーーーー、
何度も申し上げているように、
あなたの目に上司-部下と見えた
塞翁先生と私の関係の本態は、
治療者-患者にすぎなかった

ということです。

もう一度、記事本文をお読みください。  



強迫性障害の治療法が確立されたのですか?

そんなものは100年以上前から確立されています。

私はそれで強迫を治しました。  


  2018/1/6(土) 午後 8:35 
 
流全次郎 
> ぼそっと池井多

精神医療には、
『 二重関係の禁止 』
という原則があります。

「 二つの関係を同時に持ってはいけないという倫理規定 」

その原則 • 規定のことは知りませんが、
現に、畠山 干春 氏 や 蓮田 氏 は、
塞翁 医師 との間に、
患者と医師との関係と、
部下と上司との関係との、
2つの関係を持っておられます。 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/6(土) 午後 9:00  
 
ぼそっと池井多
流(ナガレ) 全次郎さま

それは倫理規定違反です。

内部告発のご情報をお寄せいただき、
どうもありがとうございました。  


  2018/1/6(土) 午後 9:26 
 流全次郎
> ぼそっと池井多

あるいは、畠山氏 • 蓮田氏は、塞翁 医師 の治療を受けるのを止めた後に、さいおうクリニックやYFFで働き始めたのかもしれません。
(*2)
ご自分で確かめてください。  

[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/6(土) 午後 9:42 
 
*2. 患者社会の陰の権力者である
畠山干春に関しては、それはないことが証明されている。
畠山干春の処方医は、
私の処方医と同じ、奈良山先生。
つまり、塞翁療法で倫理規定違反がおこなわれている事実は
流全次郎氏が内部告発したとおりである。
 
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

あなたと私とで見解が大きく異なっているのは、
主に次の2点のようです。

① リカバリング = アドバイザー養成講座は、「 資格ビジネス詐欺 」なのか?

② 医者と患者との間に成り立つ関係は、
医者と患者としての関係だけであり、
医者と患者との間で起こる問題は、
すべて医療問題なのか?

この2点について、あなたは肯定し、私は否定しています。

あるいは、②の問題について、あなたは、
こうおっしゃるのでしょうか?

「 そうとは限らないが、今までのところ、私と 塞翁 医師 との間に生じたのは、医者と患者としての関係だけである。」 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/7(日) 午後 0:55 
 
ぼそっと池井多
 
そんなことは言っておりません。

私が言っているのは、

いかなる表層的なバリエーションがあろうとも、
塞翁先生と私の関係性の本態は
治療者-患者という関係であり、
すべてそこに帰着する

ということです。

私はYFFに就職したおぼえもなければ、
クラブ活動に入ったおぼえもありません。

また「医者」などという語を
私はこの文脈で使用していません。 

  2018/1/7(日) 午後 1:43 

流全次郎
 
> ぼそっと池井多

私には、塞翁先生とあなたとの間に、

「 治療者 - 患者 」

の関係の他に、

「 上司 - 部下 」

あるいは、

「 雇用者 - 被用者 」

に似た関係があったように見えたということです。
  

『 医者 』などという語を、私は、この文脈で使用していません。

医者と患者との関係についての一般論ではなく、塞翁 医師 とあなたとの特殊な関係について話しておられる、ということですか?  


先の①の問題について。

 
リカモリ制度は、

『 修了したら金儲けができるようになる 』

という触れ込みで、患者に大金を振り込ませる。

あなたは、そう書かれましたが、伝え聞いたところでは、以前、「 講座 」の受講希望者に、塞翁 先生 は、こうおっしゃったそうです。

「 皆さんの中で、心理療法家として食べて行けるのは、一握りです。」

事前に、そういう説明をしているのであれば、詐欺ではありません。  


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/7(日) 午後 2:08 
 
 
ぼそっと池井多 
> 私には、塞翁先生とあなたとの間に、
「 治療者 - 患者 」
の関係の他に、
「 上司 - 部下 」
あるいは、
「 雇用者 - 被用者 」
に似た関係があったように見えたということです。

たとえあなたの目にそう見えたとしても、
それは第三者であるあなたの主観にすぎず、
当事者である私が認識している事実においては
何度も申し上げているように、
塞翁先生と私の関係性の本態は
治療者-患者という関係であり、
すべてそこに帰着する、ということです。


医者と患者との関係についての一般論ではなく、塞翁 医師 とあなたとの特殊な関係について話しておられる、ということですか?

「医者」という語は、「医師」と同じように
一種の職業名だと考えられます。

私が語っているのは、
塞翁先生と私のあいだに結ばれた治療関係です。

私を患者とすれば、
塞翁先生は治療者以外の何者でもありません。



事前に、そういう説明をしているのであれば、
詐欺ではありません。

私はそう聞いていません。

塞翁先生はあっちとこっちで言うことがちがう、
平気で二枚舌をつかう人なので、
「片方で白と言った」からといって、
「もう片方で黒と言っていない」証拠にはなりません。  


  2018/1/7(日) 午後 4:44 
 
 
 
・・・「治療者と患者(230)」へつづく
 
  •             

    顔アイコン

    ああ言えばこう言う流さんはそれだけを楽しんでおられるような‥私には不毛の論争に見えて仕方ありませんが???消耗戦ですナ。 削除

    迷えるオッサン

    2018/1/8(月) 午後 11:45

    返信する
  •             

    > 迷えるオッサン さん

    池井多氏の考えておられることを理解するためには有意義でした。 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/9(火) 午前 0:19

    返信する
  •             

    > 迷えるオッサン さん

    塞翁 勉 医師 • さいおうクリニック • YFF • ZUSTに関心のない人には退屈でしょう。 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/9(火) 午前 7:45

All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020