VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

治療者と患者(237)治療行為の責任主体 その4

治療者と患者(236)治療行為の責任主体 その3」からのつづき・・・

by 流全次郎 × ぼそっと池井多
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

「 治療者である塞翁先生には、自らが発した治療的指示に関わる情報を私に開示する義務と責任とがあります。」

あなたが、塞翁 先生 に要求しておられるのは、情報を開示することではなくて、岡村 美玖 • 江 青 • 畠山 千春 の三氏と、塞翁 先生 の前で対決させることではなかったのですか? 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/17(水) 午前 7:51
 
ぼそっと池井多
 
塞翁先生の前で対決?
 
誰と誰が、ですか。
 
 
 
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

「 私に関心がないならば、なぜ、本ブログに、これだけ多くのコメントを投稿してくるのでしょうね。」

まあ、おせっかいですね。
あなたを正道に戻そうという。
しかし、いいかげん、ウンザリしてきました。 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/17(水) 午前 7:57
 
ぼそっと池井多
 
>あなたを正道に戻そうという。
 
「正道」?
 
まさしく宗教ですね。
 
ナントカ正道会という宗教団体がたくさんありますね。
 
あなたのいう「正道に戻す」とは、
どういうことをいうのですか。
 
 
>しかし、いいかげん、ウンザリしてきました。 
 
いい兆候です。
 
屁理屈を捏造しようとするからウンザリするのです。
 
事態をありのまま受け容れればよいのでは。
 
 
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

「 そこで症状を悪化させたら、それが、治療的指示を出した治療者の責任であることは、自明だと思われます。」


医療問題ではなく、労働問題に近い、モラル = ハラスメントではないでしょうか? 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/17(水) 午前 8:12
 
ぼそっと池井多
 
おっしゃっていることが、さっぱりわかりません。
 
なぜ医療過誤を犯した治療者の責任を問うたら、
モラル・ハラスメントになるのですか。
 
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

「 医療とは、医療費を受け取り、医療法で規定された医療行為を行い、治療という一種の商品を患者という消費者に渡す場です。」

だからといって、医師には、患者のどんな要求にも応えなければならない義務と責任とがあるのでしょうか? 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/17(水) 午前 11:25
 
ぼそっと池井多
 
そんな大げさなことではありません。
 
私は一人の患者として、
改正医療法に基づいた治療情報の開示を
治療者である塞翁先生に求めているだけです。
 
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

「 治療者の指示に従って症状が悪くなった場合は患者の自己責任とされるという医療が、さいおうクリニックでは行われている、ということですね? 」

ご自分で、塞翁 先生 や、あなたの担当医の 奈良山 先生 に、問い合わせてごらんになればいかがですか? 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/17(水) 午後 0:00
 
ぼそっと池井多
 
話をすりかえてもらっては困ります。
 
あなたはこう言いました。
 
医療の主体が患者( 被治療者 )なら、それこそ、医師( 治療者 )の「 治療的指示 」に従うかどうかは、患者( 被治療者 )の自己責任ですよね? 

[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/16(火) 午前 1:10 
 
このようにあなたが言うからには、
それなりの根拠があるのでしょう。
 
とくに、あなたが受けておられる
さいおうクリニックでの医療が、
その根拠になっている
と考えるのが順当です。
 
そこで私はあなたにお尋ねしたのです。
 
治療者の指示に従って症状が悪くなった場合は
患者の自己責任とされるという医療が、
さいおうクリニックでは行われている、
ということですね? 
 
さあ、流全次郎さん、答えてください。
 
 
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

「 実態を対外的に装うこと自体、不正ですよね。」

患者の、自主的な活動に、部屋を貸していることを、さいおうクリニックは厚生労働省に隠しているのですか? 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/17(水) 午後 0:17
 
ぼそっと池井多
 
んなことは言っておりません。
 
さすが塞翁先生の信者だけあって、
話をすりかえるのがお好きなようですね。
 
私が申し上げているのは、こういうことです。
 
(1)自分の息のかかった患者しかモノが言えないようにするために、じっさいは塞翁先生が間接的に管理しているにもかかわらず、
人件費をケチるために「自主グループ」などと対外的に称している
 
(2)上記(1)の状態は、治療者が権利だけ行使して責任を果たしていないことである。
 
(3)それをあなたは「必要な経営努力」だと表現している。
 
 
上記(1)(2)(3)を総合して、
 
「実態を対外的に装うこと自体、不正ですよね。」
 
と申し上げているという次第です。
 
 
流全次郎
> ぼそっと池井多

もし、あなたが、私のように、塞翁 先生 に言われて、塞翁 先生 の支配下ではないところで働き、その結果、心を病んだとしたら、あなたは、それを、塞翁 先生 の医療過誤だとおっしゃるのですか? 


[ 流(ナガレ) 全次郎 ] 2018/1/17(水) 午後 3:05
 
ぼそっと池井多
 
私はあなたの事例を語っていません。
 
 
 
 
・・・「治療者と患者(238)」へつづく
 
  •             

    > ぼそっと池井多

    「 あなたの言う「正道に戻す」とは、どういうことを言うのですか。」

    今のまま、塞翁先生を攻撃する真似( 仮名ですから攻撃にはなっていません )を続けて、あなたは、一体、何を得るのでしょうか? 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/18(木) 午前 8:15

    返信する
  •             

    > ぼそっと池井多

    「 なぜ、医療過誤を犯した治療者の責任を問うたら、モラル = ハラスメントになるのですか。」

    塞翁先生があなたに対してされたことは、医療過誤ではなく、モラル = ハラスメント • パワー = ハラスメントのようなものだったのではないかと書いたのです。 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/18(木) 午前 8:20

    返信する
  •             

    > ぼそっと池井多

    「 このようにあなたが言うからには、それなりの根拠があるのでしょう。」

    主体であることには、主体としてした行為についての責任があると考えるからです。
    患者が主体なら、責任は患者にあります。 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/18(木) 午前 8:26

    返信する
  •             

    > ぼそっと池井多

    「 自分の息のかかった患者しかモノが言えないようにするために、実際は、塞翁先生が間接的に管理しているにもかかわらず、人件費をケチるために『 自主グループ 』などと対外的に称している 」

    病院の中で患者がする活動を医師が管理するのは当たり前です。
    空いている部屋を貸すにしても、どんな用途のためにも貸すわけにはいかないでしょう。
    それによって患者の病状が良くなると医師が判断した活動のためにしか貸しません。
    その結果、医師が信頼する患者にしか貸さないことになります。 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/18(木) 午前 9:04

    返信する
  •             

    > ぼそっと池井多

    「 治療者の指示に従って症状が悪くなった場合は患者の自己責任とされるという医療が、さいおうクリニックでは行われている、ということですね?

    さあ、流 全次郎 さん、答えてください。」

    知らないことについては、お答えできません。
    私は、精神科医のすべての指示に従おうとは思いません。
    指示に従うかどうかをかを患者自身に判断させることも治療の一部ではないかと思います。
    精神科医の指示は、命令ではなく提案だと受け取るべきだと思います。
    そして、その提案を採用した結果についての責任は、患者が負うべきだと思います。
    これは私の考えであり、塞翁先生が、このように明言されたわけではありません。 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/18(木) 午前 9:06

    返信する
  •             

    > ぼそっと池井多

    「(2)上記(1)の状態は、治療者が権利だけ行使して責任を果たしていないことである。』

    患者の自主的な活動に職員を付き添わせる責任が病院にはあるのですか? 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/18(木) 午前 9:14

    返信する
  •             

    > ぼそっと池井多

    「 屁理屈を捏造しようとするからウンザリするのです。

    事態をありのまま受け容れればよいのでは。」

    あなたを正道に戻すことは諦め、あなたという「 事態 」をありのままに受け容れることにします。

    コメントを投稿するのも、このブログを読むのも、もうやめます。

    本当に、ウンザリしました。 削除

    流(ナガレ) 全次郎 ]

    2018/1/18(木) 午前 11:48

All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020