VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

やっぱり今日もひきこもる私(70)「そとこもり」の原理 ~ 遠くは安心、近所はこわい

当事者活動を考える(20)」からのつづき・・・
 
明日のシンポジウムに備えて
今日から大阪に入らせていただく。

f:id:Vosot:20190814222858p:plain

ふつうの人は、
会場が大阪北郊の豊中で、
午前11時のスタートであれば、
その日の朝に東京の自宅を出るであろうが、
ひごろ外に出ない私は、そうはいかない。
 
まず早朝に起きるというのが至難の技であるし、
万事モタモタしてしまうので、
念のため、前日に現地入りしておくのである。
 
大阪の街をまともに歩くのは、
五十数年生きてきて、
ほぼ、これが初めてのような気がする。
 
私は、ふだん首都圏から出ることはない。
 
このように講演やシンポジウムに招かれると、
交通費や宿泊費を出していただけるので、
貧困層の私でも遠出ができて、大変ありがたい。
 
生活保護を受けている福祉事務所には、
いただいた経費と使った交通費の収支報告を、
細かくおこなわなくてはならない。
 
 
 
 
 
 
遠くの土地を歩くことは、
自分の近所を歩くことよりも、こわくない。
 
理由はかんたんで、
近所の人に会わないからである。
 
私にとって、近所のオバサン連中にでくわすほど、
おそろしい遭遇はない。
 
やはり、どこか母を想わせるのである。
 
とくに、いつも私がスーパーへ買い物にいく途中の道ばたで、
二人、三人と立ち止まって
集団化している近所のオバサン連中は、
おそろしいことこの上ない。
 
その道を避けて、
他のルートで買い物へ行こうとすると、
いったいどこから私が来るという情報を嗅ぎつけたものか、
今度はその道の脇にも
ちゃんと別のオバサン連中が集結し、待機しているのである。
 
オバサン集団の構成員は、
よく見れば、個々のオバサンみんな違うのだろうが、
集団となると、
どれもオバサン連中は同じに見えてくるから不思議だ。
 
サラリーマンの聖地、東京・新橋で呑んでいるオヤジが、
個々人みんなちがうはずなのに、
遠目に見るとみんな同じに見えるのと同じ原理だろう。
 
私の近所では、こうして
どこの角を曲がっても
オバサン連中が私を待ち構えているのである。
 
そして、昼間っからプラプラと買い物になんぞ出てくる
「働いてない」中高年ひきこもりである私を、
集団でジロジロと眺めるのである。
 
もう、怖いったらありゃしない。
いつも泣きだしそうになる。
 
きっと、こういう治安の悪い土地柄に
私は住んでしまっているのである。
 
だからといって、
うつの私には引っ越していく力はない。
 
しかし、彼女らは、
大阪まで私を追ってくることはなさそうである。
 
だから、遠くの土地へ来ることは
安心と安全を私にもたらすのだ。
 
安心安全の場、それは
誰も入ってこない部屋の中でなければ、
誰も知らない遠い場所。
 
悪名高い「ナニワのおばちゃん」などという存在をよく聞くが、
旅人として大阪の街中を歩いているかぎり、
遭遇することも、襲われることも
ないと思われる。
 
 
 
 
 
 
 
かつて20代に私が
海外の諸国をほっつき歩いて、
「そとこもり」をやっていたことについて、
 
「ひきこもりなのに、
 そんなにたくさん知らない国を放浪していて、
 よく怖くありませんでしたね」
 
などと言われることがある。
 
そういう人は、この
 
「近所はこわいが、遠くの土地はこわくない。
 なぜなら近所の人がいないから」
 
という当たり前の原理を理解しないのではないだろうか。
 
そういう人は、まるで政治家が地元の選挙区にいるように、
近所が自分の支持基盤である。
 
「承認の供給源が自分の空間的な周囲にある」
といいかえてもよい。
 
しかし、私のように
世間とはOSがちがう、というか
世界の成立条件が逆である人間は、
親や近所など、すぐ近くの周囲が、
いわば自分への批判勢力、敵対勢力である。
 
精神科の主治医、塞翁先生(*1)をここに入れても良い。
(そう言われるようになってしまっては、
 精神科医はオシマイである。)
 
 
 
となれば、自分がいるところから、
遠くへ行けば行くほど
存在承認を得る可能性が強まる。
 
「可能性が強まる」
だけで、
存在承認を得ることが保証されているわけではない。
しかし、
それでも人は希望のある方へ向かうものである。
 
だから、ひきこもるために
できるだけ遠くへ行こうとする。
 
こういうことが、
「外へひきこもる」
「そとこもり」
が発生するメカニズムの一つではないだろうか。
 
 
・・・「当事者活動を考える(21)」へつづく
 
 
  •       

    顔アイコン

    記事を読み終え「ぼそっとさんらしいや」(^^) 削除

    goodじいさん ]

     

    2018/12/8(土) 午前 7:40

     返信する
  •       

    goodじいさんさま コメントをどうもありがとうございます。削除

    チームぼそっと

     

    2018/12/8(土) 午前 8:55

     返信する
  •       

    顔アイコン

    大阪出張?おつかれさまです。

    千里中央にある会場なんですね。
    「コラボ」という建物は知りませんでしたが、長年、
    関西にいたわたしとしては、千里中央は懐かしい場所です。
    以前は、たしか、千里中央駅前(といいますか、繋がって
    いる商業施設の中)に豊中市の公共の小さなスペースがありまして、
    30年くらい前ですか、そこのセミナーに参加したことを、
    突然、思い出しました。

    「ひきこもり」という言葉があったかどうか判然としないのですが、
    当時問題視されていた「家庭内暴力」についての
    講演だったように記憶します。
    そういう問題を抱える当事者ではありませんでしたが、
    個人的関心から参加したのでした。 削除

    うらる ]

     

    2018/12/8(土) 午前 10:24

     返信する
  •       

    うらるさま コメントをどうもありがとうございます。

    どうやらその会場のようです。 削除

    チームぼそっと

     

    2018/12/8(土) 午前 11:06

     
All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020