VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

貧困と人づきあい(92)オランダ人ハーフ、マリコさんの場合<4>卒業式の日、教師たちにトイレに連れこまれ…

貧困と人づきあい(91)」からのつづき・・・

by ぼそっと池井多

 

 

二人の教師にトイレへ連れこまれ…

マリコ 今でもときどき高校の教室の悪夢が出てきます。

高校はつまらなかったです。

担任の先生とのバトルもありました。

 

ぼそっと池井多 たとえば、どんなバトルですか。

思い出すのも、いやかもしれませんけど…

 

マリコ たとえば、髪の毛の色をめぐるバトルですね。

推定30代後半の女性だった担任の先生が、

かねがね私に「髪の毛を黒くしなさい」と言っていました。

私はその必要はないと思ったので従いませんでした。

 

やがて卒業という時に、その先生から、

 

「卒業式の日、

あなたが自分で髪の毛を黒くしないんだったら、

私がスプレーであなたの髪を黒く染めてやる」

 

という宣戦布告を受けました。

 

卒業式の日には、保護者がたくさん来校するから、

「生徒の髪の毛は黒」と決めたルールを守らせている、

というポーズを取らないと、

学校が困るからでしょう。

 

私立の学校はビジネスでやっているから、

評判が落ちると儲からないので、困るのだと思います。

 

それで、犯罪予告のとおり、卒業式の日に、

私は彼女に髪の毛を黒く染められました。

それまで私が彼女のいうことを聞いてこなかったから、

卒業前に私という生徒へのせめてもの復讐を図ったのでしょう。

 

まず私は彼女よりも圧倒的に背が高かったので、

彼女はもう一人同僚の先生を連れてきました。

私があばれたら、体格的にかなわない

と恐れたのでしょうね。

 

そして、二人にトイレへ連れ込まれました。

 

そこであばれても恥ずかしいと思ったので、

私はあばれませんでした。

私は何も間違ったことをしていないという信念があったし、

卒業証書はもうすぐもらえるので、

もうその教師たちの好きなようにさせておこうと思いました。

 

ただ、いちおうその二人には、

「あなたたち二人がやろうとしていることは人権侵害ですよ」

と告知をしました。

 

でも、彼女らはそれに対して「フッ」と笑うんですよね。

 

この人間以下の者たちには、

もう二度と会うことはないだろう、

と思いながら、スプレーさせておきました。

オランダではありえないことです。

虐待です。

 

日本のいけない所は、教育者や親が

「あなたのためを思ってやっているのよ」

といって、悪を行なう点です。

 

人権や人格をまったく無視してやっている。

でなければ、

私の髪の毛を黒くするということはありえない。

なのに、そういうことが日本では通らない。

 

「校則は校則だから」と言って。

「この学校は自由だけど、自由のなかにも規律はある」

などと言って。

 

何のためにルールがあるのでしょう。

ルールというのは、

人間が人間らしくみんな共存していけるように

あるものではないのでしょうか。

 

人権を侵害して押しつけているルールだったら、

それはルールの方を変えるべきなのです。

 

 

どうしても日本人になれない

ぼそっと池井多 マリコさんのそういうマインドは、

どこから来たのでしょう。

 

マリコ それは私がマイノリティだからじゃないですか。

小学生の時にがんばって完璧な日本人になろうとしたけど、

なれないんだもん。いくらがんばっても。

 

だから、これは

「完璧な日本人になろう」

というマインドがまちがっていたんだ、

と考えるようになったのです。

 

日本にいるとどうしても

日本のしきたりに従わなくてはならない。

でも、この世界には別の価値体系がある

ということを知っていたから、

「この国の価値体系に従わなくてもいい。

べつにここで生きていかなくてもいい」

と考えることができたのです。

 

私は、まったく日本での将来像が築けませんでした。

就職のときに、

ダっサいスーツを着て集団面接するなんて、

自分にはとうていできないと思ったのです。

 

 ・・・「貧困と人づきあい(93)」へつづく

vosot.hatenablog.com

 

  •     

    顔アイコン

    おはようございます。お久しぶりです。

    「あなたのためを思って」…
    本当にこのセリフは醜悪であり邪悪だと思います…

    ところで、貴ブログを「はてなブログ」に移行されようとしていますが(私のブログに「言及されています」通知が来ます)、最近Yahooブログをそのままはてなブログに「お引越し」できるようになったそうです。

    「Yahooブログからの移行に対応しました」
    staff.hatenablog.com/entry/2019/07/29/173300

    大阪は連日37~38度が続いております。
    暑さにはくれぐれもお気をつけて。 削除

    [ 豚猫大好きぶーにゃん ]

     

    2019/8/2(金) 午前 8:20

     返信する
  •     

    豚猫大好きぶーにゃんさま コメントをどうもありがとうございます。

    そうですね。
    はてなブログへのお引越しツールが公開されたようですが、それで行うと、いただいたコメントが落ちてしまうなど、いろいろ不備が起こることがわかりまして、「それでは意味ない」と大切なところだけ手作業で少しずつ引っ越しております。

    「さすがに、ここから先は、もうお手上げ」というところまで行ったら、ツールを使って、自動的に一気にやろうと思います。

    よろしくおつきあいのほどお願いいたします。 削除

    チームぼそっと

     

    2019/8/2(金) 午後 6:08

     返信する
  •     

    顔アイコン

    このマリコさんの感じていることはごもっともなのですが、これって日本の悪しき組織の慣習のような気がします。
    日本の組織は機能的集団ではなく疑似血縁なので、「最初はどんな理不尽にも耐えて、仲間に入れてもらう」必要があります。いったん仲間になれば、そこには甘えが横行し簡単に見捨てられません。
    訳の分からない校則や、高校野球の連帯責任や、ブラック企業などの根底に通ずるものではないでしょうか。 削除

    aon*_*85 ]

     

    2019/8/3(土) 午後 0:40

     
All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020