VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

貧困と人づきあい(97)貧民から詐取する大金持ちの末路

by ぼそっと池井多

 

10月25日から11月10日にかけて、当ブログへのアクセス数が異様に増えた。

最大でいつもの30倍という数字である。

 

ブログを運営する人の多くは、アクセス数が多ければ多いほど喜ぶようだが、私は必ずしもそうではない。

アクセス数が多いということは、それだけ多くの人の目にさらされているということであるから、よけいに緊張を要するのである。

 

なぜその期間に、そんなにアクセス数が伸びたかというと、「インフルエンサー」というのだろうか、twitter で多くのフォロワーを持ち影響力のある方が、次の記事をリツイートしてくれたのがきっかけであった。

vosot.hatenablog.com

 

この記事は、若くして事業に成功し「財閥」を自称する竹花貴騎という者が、私の映像を盗用していることを暴いたものであった。

 

どうやらこの竹花貴騎という者は、あちこちから無断で多くの画像や映像を加工したり合成したりして、いかにも自分が経営の才能があり、資産も人徳もある資産家であるように見せかけ、インスタグラムなどで規約違反の有料サービスを販売し、情報弱者たちから金を巻き上げていたようである。

 

www.j-cast.com

 

こちらは、以前に同じように自分が詐欺師だった人が反省をし、詐欺師の先輩の立場から竹花貴騎の手法を解説した記事である。

 

kodinhorecords.com

 

このような詐術の一環として、アメリカの放送局NBCが番組のために2018年に撮った私の映像も、竹花の自慢話の垂れ流しのようなビデオの一部として盗用していたのであった。

 

そして、竹花貴騎はMUPカレッジとかいう講座を立ち上げ、受講生たちから1ヵ月8,980円という高額な受講料を取っていたようである。

詐称が明るみに出た今、受講生たちが返金を要求し始めたが、それに対しても、次のような驚くべき不誠実な態度で対応しているらしい。

 

f:id:Vosot:20201115212137j:plain

 

 

いうまでもなく、私にとって竹花貴騎の手法は、事実の歪曲を重ねることによって、情報弱者である精神科の患者たちから大金を巻き上げている麻布村の精神科医齊藤學さいとうさとるを思い起こさせた。

 

竹花貴騎のMUPカレッジが、齊藤學のリカバリング・アドバイザー養成講座である。

もっとも、MUPカレッジは1ヵ月8,980円、リカバリング・アドバイザー養成講座は1年600,000円と桁がちがうわけだが。

 

竹花貴騎、齊藤學、麻原彰晃という、似たようなビジネス展開をおこなった者たちの共通点が浮かぶ。

それは、すさまじいナルシストである、ということだ。

そういう者たちの自己陶酔に、周囲の他者が巻き込まれていく。

ナルシスト自身にとっての陶酔というベクトルは、他者においては「崇拝」となる。

そのため、被害者たちはたいてい被害者である自覚を持てず、発見が遅れ、事態が拡大するのである。

 

 

 

 

さて、竹花貴騎の一連の詐術があばかれていく最中に、弊ブログも注目を浴び、冒頭に述べたようにふだんの30倍というアクセス数を打ち出していたわけだが、そのフィーバーがひと段落して、このごろはアクセス数も以前の水準に戻ってきた。

ここで私が得られる安堵感はかなりのものがある。

 

 

奇妙に聞こえるかもしれないが、アクセス数が急増していた最中は、運営者である私にしてみれば、

「それらアクセスをしてくれている人は、このブログを読んでくれていない」

という感じがしていたのだ。

 

つまり、アクセス数というものが、このブログの実態的な価値とは遊離している気がしてならなかったのである。

 

私はペーパー・ドライバーで、車を運転することはないが、あえて運転にたとえると、アクセスの急増中はちょうど豪雨の日の運転のような心地であった。

ものすごい雨がフロントガラスに叩きつけ、前がよく見えない。

自分が今、どこを走っているのかがわからないのである。

 

アクセス数が再び落ちてきたのは、雨がやんできたのに等しい。

最近ようやく車のフロントガラスも、前方がちゃんと見渡せるクリアな透明に戻ったという次第である。

 

 

 関連記事

vosot.hatenablog.com

vosot.hatenablog.com

vosot.hatenablog.com

vosot.hatenablog.com

vosot.hatenablog.com

 

 

 

All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020