VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

近親姦加害者だった私 番外篇

by J.I.


この「近親姦加害者だった私」シリーズには、
いままで多くのコメントをいただいております。

まず、そのことに深く感謝いたします。

しかし、いただいているコメントのほとんど全てが
「内緒」設定なので、
残念ながら
記事の中でご紹介することができません。

中で

「映像に登場し、自身の近親姦加害体験を語っておられる方は
 とても勇気のある方だと思います。
 動機は娘への崇高な愛情だったのではありませんか」

というご質問をいただきました。

映像が語ることであるので、
ここでは、動機が「崇高な愛情」であるかどうかを論じません。

問題は、
「もし、動機が崇高な愛情であれば
 近親姦をしてもいいのか」
というところにあることでしょう。


いっぽうでは以前あるところで、近親姦被害者の中で、

近親姦をともなわない虐待
(たとえば母親による精神的虐待)
は、親の愛にすぎない」

という発言がありました。

それは、

「動機が愛情であれば、近親姦も親の愛」

ということと同じだと思います。

近親姦被害が、他の虐待の被害に比べて、まさっているということもありません。



All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020