VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

妻とまずまずやれている私(1)

今日から始まる新シリーズです。



カンロ 父親は、考えることも悩むことも
 放棄してしまった人でした。

 何も考えない、感じない、共感しない。
 すべてほほえんで流す人でした。

 そういう夫に「のれんに腕押し」だったのか、
 配偶者間の不満がみんな、
 母から子どもにぶつけられて、
 母は、私たち兄弟へ過干渉支配的となったのだと思います。

 「早くご飯を食べなさい」
 「テレビなんか見てないで、早く風呂入りなさい」
 「早く寝ろ」
 と、だいたい、そういう母だったので、
 親元から離れて一人で暮らし始めたとき、
 とても解放感があって、
 毎日が修学旅行でした。

……。
……。


All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020