VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

父から逃げられない私(31)売春の合法化

父から逃げられない私(30)」からのつづき・・・


J.I. キャバクラに飲みにいくというのと、
 性風俗の店にいくというのは、
 またちがうものでしょうか。

ナガレ 性風俗は……、ちがうんじゃないかな。

J.I.  たとえばパーセンテージはわからないけど、
 「家は買うものでしょ」という人と
 「家は借りるものでしょ」という人に分かれると思うんですよ。

 「家は借りるものでしょ」と考えている人にとっては、
 家なんてモノを買っちゃったら
 メンテナンスでお金はかかるし固定資産税はとられるし
 その土地を離れたくなったらどうするのって問題もあり
 ろくなことないよ、と思うわけで。

 同じ「家」という消費財にかんして、
 「買う派」と「買わない派」がこうして分かれる。

 それでは「性」という商品についてはどうか。
 やはり「買う派」と「買わない派」が出てくると思う。

 「セックスは買うもんでしょ」
 という人と
 「セックスは買うもんじゃないでしょ」
 という人が出てくるでしょう。

 私自身は「買わない派」で、
 「性は、お金だして買うものじゃないでしょう」
 と思っちゃう。

 あれは買っちゃったらおしまいでしょう。
 恋愛のフィナーレとして取っておくべきものを
 お金だして最初に済ませちゃったらもったいないというか。

 ナガレさんはそのへんどう思われますか。

ナガレ ヨーロッパでは売春が合法化されている国がいくつかって、
 娼婦たちの人権を守るために
 売春は合法化すべきだといってますよね。

 でも売春が合法化された国において
 婦女暴行罪って、はたして何だろうと思うわけです。

J.I.  いやいや、売春と婦女暴行はぜんぜんちがうでしょう。

 売春は、ひとつの立派な商取引だから、
 お金をもらって「性」を差し出しますよ、というだけで
 お金を払ったから何やってもいいというわけじゃないでしょう。

 取引相手が望んでいない性暴力をふるうのは、
 取引の範疇じゃないでしょう。

ナガレ でも、それじゃあ、
 たとえば万引きの場合を考えてみよう。

 品物を取って、店の人にお金を払いませんでした。
 でも、店の片隅にお金を置いていきました。

 とする。すると、これは……

J.I.  そりゃ、ダメでしょう。

ナガレ ダメなんだけど、
 あんまり非難されないと思うんだよね。

J.I.  どうなんだろう。法的にはどうなるのかしら。

ナガレ 同じようにこういう例を考えてみよう。

 「レイプしました。
 でも、お金はあとでちゃんと渡しました。

 という場合だ。

 売春が合法化されている国で、
 こういうとき犯人は非難されるのだろうか。

 あんまり非難されないと思うんだけどね。

J.I.  そりゃあ、非難されるでしょう。

 それは、性を提供した側、多くは女性の
 「主体」の問題に還元されると思う。

 「私はあなたに性を売ります」
 という主体的な意思表示があったときと
 「私はあなたに性なんか売りません」
 という意思表示があったときではまったくちがう。

 レイプは後者でしょう。

ナガレ でも、それじゃあ、もしレイプの犯人が、
 売春の相場よりはるかに高いお金をその場に置いていったら?

 そういうとき、世論では、

 「なんだ。(高いお金がもらえて)よかったじゃない。
 儲かったじゃない

 という人があるていど出てくると思うんだよね。

 だからこそ、おれは売春は合法化してはいけないと思うんだ。

J.I.  なるほどね、そこへ来るわけか。

ナガレ たとえいくら金はらっても
 やっちゃいけないことってあるでしょ、って話だ。
 (同じように、いくら金はらっても
 性はやっちゃいけないことなんだ。)

J.I.  ナガレさんの論理には、ぼくはちょっと
 同意できないところがある。

 たとえば、あなたが街を歩いていて、
 いきなりボコボコッと殴られて、
 治療費よりもはるかに高い金額の札束をその場に置かれて、
 それで殴った人が去っていったら、
 その犯罪はもう問わないか、
 というと、それでは何かがちがうでしょうよ。

 何かが蹂躙(じゅうりん)されている。
 
 われわれが受けた親からの虐待なんて問題もそこへつながると思うんだけど、
 ほら、飯は喰わせてやった、教育は受けさせてやった、
 と望んでもいないことをいろいろやられて、
 「ありがたいと思え」
 と言われても、ありがたいと思えない。

 それを「ありがたい」と思ってしまうと何かがちがう。
 
 何がちがうかといえば、「主体」の有り無しですよ。

 こちらの気持ち、こちらの意思が、
 やられた行為に入っていない。
 だからそれは人間として対等な「取り引き」じゃない。

……。
……。
 

・・・「父から逃げられない私(32)」へつづく
All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020