VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

父から逃げられない私(34)強迫症状に阻まれてきた人生

父から逃げられない私(33)」からのつづき・・・


ナガレ 若いころの過剰な自慰とかニキビつぶしとかは
 本人としてまったく異常なこととは思っていなかった。

 むしろ初めて自分の異常性に気づいたのは、
 大学受験のため浪人している最中に
 たとえばこういう紙が
 「なぜ長方形をしているのだろうか」
 と、気になって仕方がなくなった。

 たとえば円ではなくて、長方形でなければいけないのは
 なぜなんだ、と。

 「何をバカなことに気を取られているんだ。
 浪人中なんだから、そんなこと考えていないので
 勉強しなくちゃ」
 とは思うんだけども、
 どうしても気になって勉強なんか手につかない。

 あるいは文字を印刷してあるインク。
 この成分は何だろうか、と気になりはじめると、
 もうそのことしか考えられなくなって
 何も手につかなくなる。

 こんなことがいくつも重なると
 もう受験勉強どころではなくなった。……

……。
……。


・・・「父から逃げられない私(35)」へつづく
All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020