VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

近親姦加害者だった私(2)

近親姦加害者だった私(1)」からのつづき・・・

 
ケイ 自分でもなんとか近親姦をやめたいということで
 努力していたんですけど、ダメだった…

 ですから、近親姦をやらないでいられた期間もふくめて
 (15年ぐらいにわたる)ということなのです。

ぼそっと池井多 すると、(ケイさんによる近親姦は)
 娘さんが9歳ぐらいのときから16歳ぐらいのときまで
 断続的に続いていた、ということでしょうか。

ケイ はい。

ぼそっと池井多 すると、娘さんは16歳のときに
 お義父様からの近親姦がいやで
 家出をした、ということなのでしょうか。

ケイ (娘の家出に関して)いちばんの原因はやはり
 その(近親姦の)問題であったでしょうけれど、
 ただ、非常に複雑で、
 近親姦というのは、
 元妻をひじょうに傷つけた状態になるわけですよね。

 そういう(近親姦という)ことがなければ、
 母と娘がふつうに良好な関係ですごせたものを、
 (こういうことがあったために)
 元妻がひじょうに嫉妬をしたり、いろいろなことがあって
 娘にあたるようなこともありましたし…

 娘が児童相談所で、私宛に書いた手紙があるんですけど、
 その中でいちばん娘が訴えていたのは、
 私と元妻との喧嘩が絶えないような状態とか
 元妻が娘に過度な暴力をふるったりする状態とか、
 そのことが(娘にとって直接の)
 家出の契機(だったということです)。

 なんというか、私の近親姦がいやだから
 逃げる(ために家出をしたという)意味ではなかったのです。

……。
……。
 
 
 
・・・「近親姦加害者だった私(3)」へつづく
All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020