VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

父から逃げられない私(69)

父から逃げられない私(68)」からのつづき・・・

 
2016年7月収録
 
流全次郎 「同じ少女を愛した私たち」(*1)をやっていて、
 いくつか発見がありました。


 発見の一つは、対談の相手である痴陶人が、
 私が、ブスを侮蔑するのには、
 去勢された男に特有の攻撃性がある
 と言ったので私は、

 「ああ、自分が父親にされたことには
 『去勢』という言葉がぴったりだ」

 と思いました。

   あるいは、自分は、
 彼女、サトウアイコを守れるような男になろうとは
 まったく思わなかった。

 まったく思わないまま
 サトウアイコに守ってもらいたいと思っていた。

 いわば『罪と罰』のソーニャの役割を
 サトウアイコには求めていた、と。

 しかし、それはやっぱり「甘え」だったのではないか、と。

……。
……。
 
 
・・・「父から逃げられない私(70)」へつづく
All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020