VOSOT ぼそっとプロジェクト

ぼそっとつぶやくトラウマ・サバイバーたちの生の声...Voice Of Survivors Of Trauma

ひきこもり名人となった私(8)支援がお互いの不幸になるとき

ひきこもり名人となった私(7)」からのつづき・・・

by ぼそっと池井多
 
ひきこもり名人 「ぼくは、これをやってほしい」
 「ここを助けてほしい」
 と言えるのが、
 謙虚なひきこもりの姿だな、
 ってぼくは思うのですね。

ぼそっと池井多 それは、すごく重要なことを
 おっしゃっているな、と思うんです。

 「これがほしい」
 って、乞食の側が言うべきだ、という論理は、
 裏返せば支援論なんですよね。

ひきこもり名人 うん、うん。

ぼそっと池井多 いま盛んにひきこもり界隈で
 「あるべきひきこもり支援」
 だとか、そういうことが議論されています。

 ひきこもりだけでなく、
 もっと枠を広げて「被災地支援」だとか
 「途上国支援」だとか、
 いろいろな場であるべき支援というのは議論されます。

 おっしゃる論理をあてはめるならば、 
 支援される側が、
 「これがほしい」
 と言っていないものを
 支援する側が与えるべきではないし、
 「これがほしい」
 と言うことは支援される側のマナーだ、
 っていう話になるわけですね。

ひきこもり名人 でも、ぼくは、そこで
 支援される側が「これがほしい」という要求を
 言っていないと思うんですよ。
 
 それをいうと、
 「ずうずうしい」
 「あつかましい」
 「もらう側が何を言ってるんだ」
 ということになりますから、
 支援される側はそれを言っていない。

 言っていないから、
 必要としていないものを必要としていないときに
 支援と称して押しつけられるのです。

 こうして支援はお互いの不幸になるわけですね。

……。
……。
 
 
 
All Right Reserved (C)VOSOT 2013-2020